講習や通信教育は役に立つのか!?

講習や通信教育を利用した方が良いのか、気になりますよね。

私は、理解を深めるために講習を受けることを決めました。
結果として、受講して非常によかったと思っています。

ただ、講習を受けたから受かるとか、そういうことではないのかなと思います。
「受かるために講習を受ける!」という考えで受講することはお勧めしません。

講習を受けるメリットは、
1、自分一人では理解しづらいところを分かりやすく解説してくれる。
2、頻出項目を中心に、必ず押さえておくべきところ等が明確になり、今後の勉強の方針が立てやすくなる。

が挙げられると思いました。

1についてですが、
自分ではどうしてもよく分からなかったり、無理やり覚えようとしていた事を
プロである講師の方から分かりやすく教えて貰えることが非常に有益だと思います。
そのためには、講習を受ける前に自分の中で一通り参考書を読み、分かりづらいところを明確にさせておく必要があります。
参考書が綺麗な状態で向かっても、結局よく分からなかったという事態になりかねません。

結構な金額を支払うわけですし、「全部吸収してやる!」くらいの気持ちで臨むと、結果もついてくるのではないかと思います。

 

通信教育についてですが、今回、私は通信教育を利用しませんでしたので良し悪しについては言及しませんが
講習とは性質が違うものになると思っているので私が感じる違いについて述べます。
<講習>
♦日程・時間・場所が決まっているため、強制力がある
♦生身の人が解説してくれるので、人から教えて貰うと理解が進む人にとっては向いている。

<通信教育>
♦いつやるか、どこでやるかは自分自身に委ねられている。
♦一定の理解が進んでいる人が自分のペースで学習していくのには向いている。

このような違いがあると思います。

講習や通信教育を利用しなくても合格する人もいます。
自分にはどういった学習方法が適しているのかを考えて選択すると良いでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です