持ち家?賃貸?論争〜家を買いたくなったら読んでみて!〜

最近、ちらほらと周りの友人や同年代の知り合いが家を買い始めました。

20代で結婚、30代で家を買うパターンってやつ。

 

自分も長らく持ち家を検討したのですが、

いまは賃貸派に落ち着きました。

 

今一度、思考を整理したいと思います。

持ち家派には耳が痛いかもしれないけど、是非読んで欲しい!

新築マンション見ちゃうと、憧れて舞い上がってしまう気持ちは分かるんだけどね。

 

持ち家のメリット

  • ローンを払い終えれば資産になる
  • 老後に家賃が要らない
  • カスタマイズできる(特に新築戸建て)
  • 世帯主に万が一のことがあっても、団体信用に入っていれば、生命保険代わりになる

 

持ち家のデメリット

  • ご近所トラブルがあっても逃げられない
  • ローンを払い続けるためには、仕事を辞められない。またはリストラされたり会社が倒産すると、二足三文で手放さなければならなくなる。
  • ローンを払い終えても結局、修繕積立金や管理費がかかる
  • そのとき残るのは築30年の家
  • 流動性の低い日本では、売りにくい。売れても値上がりは難しい
  • ライフスタイルが変わっても間取りは変わらない。子どもが独立すると、無駄に広い3LDKが残ってしまう

賃貸のメリット

  • その気になれば、何度でも引っ越してずっと新築に住める
  • ライフスタイルに従った柔軟に間取りを変えることができる
  • 修繕積立金や管理費は大家の負担だから、払わなくてよい

賃貸のデメリット

  • 家賃は大家の家賃収入も込みなので、持ち家より割高
  • 高齢者になったときに「貸してもらえなくなる」不安
  • ずっと家賃を払い続けなければならない

 

私の結論

持ち家は出口が見えないんですよねー。

タワマンを10年毎に住み替えるとか一部勝ちパターンもあるようですが、なかなか素人では手が出しにくい。投資にしてはリスクも高い。

また売るに売れず、仕事も辞められず身動き出来なくなるのは恐ろしくないですか?

よく言われることですが、終身雇用が約束され、土地の価格も上がり続けていた昭和のころには成り立つスタイルですが、今となっては厳しいのではないかと思います。

 

一方で賃貸は、リスクを抑えることが出来ます。資産計画をしっかり立てれば、老後の不安もありません。

デメリットで書いたものの、住宅は余ってるので借りられないってことはないかと。年金をもらえ、安定しているのでむしろ優良な借主です。

そして最終的には老人ホームに入ればいいのです。それに向けた資産形成をすればいいだけのこと。

(私の夢は、高級老人ホームに入ることです笑)

 

というところで、自分は賃貸派です。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です