家族総出ではやり目(結膜炎)になった話

タイトルの通り、家族総出ではやり目になりました。

  1. 子どもの目が赤い、と保育園のお迎えの時に先生に言われる
  2. 2日後、父(私)の目が腫れ上がる
  3. さらにその翌日、母の目が腫れ上がる

という恐ろしすぎる事態。

眼科の受診経緯

しかし今回、眼科の対応が中途半端で不満に思っています。

詳細はこうです。

  1. 子どもの目が赤い、と保育園のお迎えの時に先生に言われる
  2. 翌日、子どもを眼科に連れて行くと、A先生から「アレルギー性結膜炎ですね」と言われる。しかし、アレルギーなら人に移す心配もないと思い、子どもを保育園に登園させました(すみません)
  3. その翌日、父(私)の目が腫れ上がる。眼科のB先生から「結膜炎ですね」と言われる
  4. さらにその翌日、母の目が腫れ上がる。眼科のC先生から「はやり目(アデノウィルス)です、旦那と子どもも絶対はやり目です。お子さんは保育園の登園なんてもってのほか!」となぜか怒られる
  5. 父(私)が慌てて再受診し、「私もはやり目ですか?会社行って大丈夫ですか?」と聞くと、「はやり目ですね。お子さんの場合は登校・登園禁止にしますが、大人は自己判断で。」と言われる。

診断(先生の言い方)もまちまちで、素人には判断が難しいです。

(そもそも1つの病院で行く日によって先生がコロコロ変わりました。それもどうなの?て話ですが)

特に4番ですかね、困るのは。最初からそう言ってくれれば対応も変わったのに。。。他のお子さんに移していたらどうしよう。。

5番も適当すぎと思いませんか? ガイドラインは無いのかね。

目を真っ赤にして出社するのがとても気まずいです。

医者が禁止⇨業務都合で上司から出社命令、にしてくれると助かります。。

今回の教訓

結膜炎は舐めてかかると恐ろしい病気です。

家族や周りの方への蔓延を防ぐために、気をつけましょう。

病院からもらった資料です。

ご参考までに。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です